引越し先へ郵便物を転送する方法|e転居や転居届を解説

2021年05月31日

この記事では、引越しの際に便利な郵便物の転送手続きを解説します。e転居、郵便局での手続き、転居届について、それぞれの特徴をまとめています。郵便物の転送サービスで注意すべき点も紹介していますので要チェックです。

引越し後は旧住所に郵便物が届かないようにしよう

引越しの際、役所に転出届・転入届を提出するだけだと、旧住所へ宛てた郵便物は全て前の家に届いてしまいます。

なぜなら、役所と郵便局は転入・転出の情報を共有していないからです。

旧住所宛ての郵便物を新住所へ届けてもらうには、郵便局に「転居届」を提出する必要があります。

引越しするときは忘れずに手続きしましょう。

【関連記事】引越しする時にやることリスト|4つの時期に分けて紹介

郵便転送サービスを利用する方法

EG_097_2.jpg

先ほどもお伝えした通り、旧住所から新住所に郵便物を届けてもらうには、郵便局で転居届を提出しなくてはなりません。

郵便局に転居届を提出する方法は3つありますので、それぞれ見ていきましょう。

e転居で申し込む

日本郵便では、インターネット上で転居届を提出できるサービス「e転居」を提供しています。

e転居を利用すれば、パソコンやスマートフォン、携帯電話などから、インターネット上で転送届の提出が可能です。

手続きは簡単で、e転居の画面に従って必要項目を入力していくと、5分程度で完了します。

なお、e転居で転居届を提出するには「ゆうびんID」でのログインが必要になります。ゆうびんIDを持っていない場合は事前に作成しましょう。

手続き場所

e転居のホームページ

用意するもの ・PCやスマートフォン、携帯電話など、インターネットに接続できるもの
・ゆうびんID
手数料 無料

郵便局に行って直接手続きする

郵便局で転居届を直接提出することも可能です。

窓口で転居届をもらい、記入・提出すれば手続きは完了します。

場所の指定はないので、お好きな郵便局で手続き可能です。

手続き場所 郵便局(場所の指定なし)
用意するもの ・本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)
・旧住所の確認ができるもの(運転免許証、パスポート、住民票など)
手数料 無料

転居届を郵送する

転居届は郵送で提出することも可能です。

転居届に必要事項を記入し、切手を貼らずにポストへ投函しましょう。

郵便局へ行く時間がなかったり、e転居の使い方が難しく感じる場合はこの方法がおすすめです。

用意するもの 転居届
手数料 無料

引っ越しは電気代を見直す絶好のタイミング!

『エバーグリーン』は、東証プライム市場上場のイーレックスグループの一員で、電力事業20年以上の新電力。

電気を使うほど電気代がおトクになるのが特徴で、沖縄と一部離島を除く日本全国に電気をお届けしています。

初期費用、契約手数料、解約違約金がかからないため、気軽にお申し込み可能です。(※ あるく・おトク・でんきを除く)

エバーグリーンの詳細はこちらからご覧いただけます。

郵便転送サービスはいつまで利用できる?料金は?

郵便局で転送の手続きをすると、申し込み日から1年間郵便物を転送してもらえます。

郵便転送サービスの料金は無料です。

郵便の転送サービスを利用するときの注意点

郵便の転送サービスを利用する際にはいくつか注意点があります。

ひとつずつ見ていきましょう。

転送される期間は申込日から1年

先ほどもお伝えした通り、郵便物が転送される期間は申し込み日から1年です。「転送開始希望日から1年」ではないので注意してください。

1年が経過した後も引き続き転送サービスを利用したい場合は、さらにもう1年更新することが可能です。

更新する際は、再度お近くの郵便局の窓口で転居届を提出してください。

差出人が「転送不要」と記載すると転送されない

転送サービスの申し込み後、通常の郵便物であれば、旧住所宛の郵便物が新しい住所に郵送されます。

しかし、「転送不要」の表記がされている郵便物の場合は新住所へ転送されず、送り主へ返送されるため注意が必要です。

たとえば、発行されたキャッシュカードやクレジットカードなど、厳重に取り扱う必要があるものについては差出人が転送不要の指定をしているケースが多いです。

もし郵便物が届かない場合は、発送元へ直接問い合わせましょう。

郵便局のサービス以外で届くものは転送不可

郵便局の転送サービスで転送されるのは、郵便物に限定されます。ヤマト運輸や佐川急便などから届く小包などは転送されませんので注意しましょう。

宅配業者の中には自社の転送サービスを提供しているところもあります。

たとえばヤマト運輸には、「宅急便転居転送サービス」が用意されています。ヤマト運輸のホームページか店舗で「宅急便転居転送サービス」の手続きを済ませておけば、旧住所宛の荷物を1年間新居まで転送してもらうことが可能です。

引越しする際に一緒に行いたいこと

EG_097_3.jpg

引越しは、さまざまなものを見直す絶好のタイミングです。

ここでは、新生活を快適にするために、郵便の転送サービスとあわせて行っておきたいことを2つご紹介します。

不用品を整理・処分する

引越しの際、これまで暮らしてきた自宅の荷物を新居に運び出すことになります。

物が多いと引越し作業が大変ですし、運ぶものが多ければ多いほど引越しにかかる費用は高くなります。そのため荷物は出来る限り少なくしたいところです。

物が減れば新しい家の中のスペースにもゆとりが生まれるので、引越しを良い機会と捉えて不用品の整理・処分を行いましょう。

電気やガスなどの固定費を見直す

引越しするときは電気やガス、水道なども一旦契約を解除して、新住居で契約し直すことになります。

つまり、引越しは固定費を見直す絶好のチャンスということです。

光熱費などの固定費は毎月かかるものなので、一度見直して安くなれば、その後の費用がずっとおトクになります。

電気や都市ガスは自由化がスタートし、今ではたくさんの選択肢の中から自由に電力会社・ガス会社を選択できるようになりました。

自分の家庭に最適なプランを選べば、固定費の大幅な節約ができるでしょう。

電力会社の切り替えにおすすめなのが、新電力の『エバーグリーン』です。

エバーグリーンは、東証プライム市場上場で国内トップクラスのバイオマス発電事業者である「イーレックスグループ」の一員です。

電力事業20年以上の実績ある企業で、現在では電気契約数20万件以上と多くのご家庭に選ばれています。

エバーグリーンの電気料金は、特に電気をたくさん使う家庭ほどおトクになるよう設定されているのが特徴です。

電気使用量が多いご家庭であれば、エバーグリーンに切り替えるだけで電気代を大きく節約できる可能性があります。

エバーグリーンの電気代を、具体的な例で見てみましょう。

東京エリアに住んでいる2人以上の家庭の電気代を、大手電力会社の従量電灯Bプランと比較してみました。

【2人家族の場合(30アンペア契約、月間310kWh使用)】
大手電力会社:8,316円/月
エバーグリーン:7,909円/月
『エバーグリーン』が1ヶ月あたり407円、年間4,884円おトク

【4人家族の場合(40アンペア契約、月間450kWh使用)】
大手電力会社:12,882円/月
エバーグリーン:12,035円/月
『エバーグリーン』が1ヶ月あたり847円、年間10,164円おトク

【5人家族の場合(50アンペア、月間540kWh使用)】
大手電力会社:15,919円/月
エバーグリーン:14,789円/月
エバーグリーンが1ヶ月あたり1,130円、年間13,560円おトク

※東京エリア、東京電力従量電灯Bとの比較
※2022年4月1日現在
※燃料調整額、再生可能エネルギー発電促進賦課金を除いた料金

上記の結果を見てみると、電気使用量が増えるにつれて、エバーグリーンの電気代がよりおトクになることが分かります。

これまでと同じ量の電気を使っても、電力会社を切り替えるだけで電気代が安くなるのは大変おトクではないでしょうか。

今と比べて具体的にどの程度おトクになるのか知りたい方は、エバーグリーンの公式サイトで料金シミュレーションができますので、ぜひチェックしてみてください。

『エバーグリーン』の公式サイトはコチラ

引越し料金をおトクにするなら引越し侍!


  

  

【引越し侍】は、引越一括見積りサイトです。「見積もりの費用相場がわかる」「料金交渉をして最安値で引っ越しができる」

300社以上の中から最大10社まで無料一括見積もり!引越し料金を最大50%安くすることができます!きっと自分に合った引越会社さんが見つかりますよ。


引越しの無料見積もり【引越し侍】

引越しする際は必ず郵便転送の申し込みを!ついでに固定費も見直そう

引越しする際はさまざまな手続きが必要となりますが、旧住所に郵便物が届かないよう、必ず郵便局で「転居届」を提出しておきましょう。

手続きは店舗で行うほか、転居届の郵送もしくはスマホやパソコンを使ってインターネット上でも可能です。手続き完了後、1年間は無料で旧住所宛の郵便物を新住所まで届けてくれます。

また、引越しは固定費を見直すベストタイミングです。

固定費は一度切り替えると、その後ずっと節約できることになりますので、引越しする際はぜひ合わせて見直してみてください。

『エバーグリーン』の公式サイトはコチラ

(出典:郵便局|あたらしい町にも、しっかり届く安心。e転居)
(出典:日本郵便|転居・転送サービス)
(出典:日本郵便|旧住所あての郵便物等を新住所に転送してもらえる転送期間は?)
(出典:日本郵便|転居届で転送されない郵便物等はありますか?)
(出典:ヤマト運輸|宅急便転居転送サービス)

一覧に戻る

Webサイト上に記載されているプランの一部に、新規でのお申込み受付を制限している場合がありますので、ご注意ください。