Tポイントの使い道をご紹介|ポイントを賢くためる方法も合わせてチェック

2021年10月28日

この記事では、Tポイントの使い道について解説します。買い物以外の使い道もご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。また、最後にTポイントを賢くためる方法もまとめているので、要チェックです。

Tポイントの主な使い道は?

Tポイントの主な使い道は、買い物での支払いでつかうことです。

全国にあるTポイントの提携店や、インターネット上の提携先での支払いに、1ポイント=1円として利用できます。

Tポイントは提携先が多いので、日頃の買い物で活用している人も多いのではないでしょうか?

キャンペーンやイベントを活用すればおトクに利用できる

先ほど、Tポイントは、1ポイント=1円として支払いにつかえるとご紹介しました。

しかし提携先によっては、Tポイントをよりおトクにつかえるキャンペーンやイベントが行われていることがあります。

たとえばTポイントの提携先のひとつである『ウェルシア』では、毎月20日がおトクにTポイントをつかえる日になっています。

20日に200ポイント以上のTポイントをつかうと、1.5倍分の買い物ができるのです。

たとえばTポイントを1,000ポイント利用すれば、1,500円分の商品が買える、ということになります。

このようなおトクなキャンペーン・イベントは他の提携店でも行われているため、ぜひチェックしてみてください。

(出典:ウエルシア薬局株式会社|ウエルシアで貯まります。使えます。)

買い物だけじゃない!Tポイントにはこんな使い道もある

EG_202_2.jpg

Tポイントの主な使い道は、日常生活の買い物などの支払いに充てることですが、実は他にも使い道があります。

ここでは、買い物以外のTポイントの使い道をご紹介します。

現金に交換する

Tポイントは、現金に交換することができます。

現金に交換するためには、通常ポイントが1,000以上ポイント必要で、100ポイント単位で交換可能です。

交換レートは100ポイント=85円となっており、買い物でつかう際のレート(1ポイント=1円、100ポイント=100円)と異なる点に注意が必要です。

また、交換した現金を受け取るためには、Yahoo!ウォレットの受取口座にPayPay銀行を登録する必要があります。

手続きが完了すれば、PayPay銀行の口座に現金が振り込まれます。

(出典:Yahoo!JAPAN|ポイントの交換方法)

商品と交換する

Tポイントは現金だけでなく、Tサイト上で商品にも交換することができます。

交換できる商品は幅広く、以下のようなジャンルのものが用意されています。

  • グルメ
  • スイーツ
  • 家電
  • 生活雑貨
  • 調理器具
  • ファッション
  • レジャー

交換に必要なポイント数は商品ごとに異なっているため、欲しい商品に設定されているポイント数をぜひチェックしてみてください。

(出典:Tサイト|Tポイント商品交換でゲット)

ポイント投資をする

Tポイントでは、たまったポイントで金融商品を購入する、いわゆる「ポイント投資」をすることもできます。

現在、Tポイントでは以下の5つの投資が可能です。

  • 投資信託
  • FX
  • 暗号資産(仮想通貨)
  • 不動産投資(クラウドファンディング)

​​ Tポイント投資の良い点は、やはり現金をつかった投資と比べてハードルが低いことでしょう。

また、株や投資信託に少額から投資でき、利益が出れば現金で受け取れるのも魅力のひとつです。

ただし、一般の投資と同じように、元本割れしてポイントが減るリスクがあることは理解しておく必要があります。

【関連記事】Tポイント投資とは?メリット・デメリット、賢くためる方法などを解説

(出典:Tサイト|Tポイント投資)

Tポイントを賢くためる方法

EG_202_3.jpg

ここまでTポイントの使い道をご紹介してきましたが、上記のようにつかうためには、その元となるTポイントが必要です。

ここではTポイントを賢くためる方法を見ていきましょう。

ためるポイントをTポイントに統一する

ポイントサービスは世の中にたくさんあり、いろんなポイントをためているという人もいるのではないでしょうか。

そんな方には、ポイントをTポイントに統一することをおすすめします。

複数のポイントをためていると、ポイントが散らばるため、ひとつずつを見るとあまり多くたまっていないということがあります。

ポイントを統一すれば、分散していたポイントがTポイントにまとまり、効率よくポイントがたまります。

固定費の支払いでTポイントをためる

Tカードにはいくつか種類がありますが、ポイントを効率よくためたいなら、クレジット機能付きのTカードがおすすめです。

Tポイントは、Tポイントの提携先での購入金額に応じてポイントが付与される仕組みになっていますが、クレジット機能付きのTカードで決済すれば、提携先でなくてもTポイントがたまります。

このクレジット機能付きのTカードで、毎月支払う家賃や水道光熱費、携帯代などの「固定費」の支払いを行えば、継続的にTポイントをためることが可能です。

また、なかにはよりおトクにTポイントがたまるサービスを展開している会社もあります。

たとえば、新電力会社『エバーグリーン』には、「プレミアムポイントプラン(Tポイント)」というプランがあります。

このプランでは、毎月支払う電気料金に応じてTポイントがたまります。

Tポイントの還元率は、1年目は1%、2年目は2%、3年目以降は3%です。

たとえば電気料金が月額10,000円だった場合、1年目は年間で1,200ポイント、2年目は2,400ポイント、3年目以降は3,600ポイントもためることができます。

※電気料金は燃料調整費・再エネ賦課金を除く

また、Tポイントをためられるだけでなく、電気代がおトクに設定されているのもこのプランの嬉しいポイントです。

プレミアムポイントプラン(Tポイント)についてもっと詳しく知りたいという方は、ぜひ一度エバーグリーンのホームページをご覧ください。

エバーグリーンの公式ホームページはこちら

(出典:Tサイト|Tポイント/Tカード)

Tマネーをつかって3重にTポイントをためる

Tカードに現金やTポイントをチャージしてつかう電子マネー「Tマネー」活用すれば、Tポイントの3重取りが可能です。

Tマネーで支払いをすると、買い物でもらえる通常のポイントに加え、1ヵ月の累計金額500円(税込)につき、Tポイントが1ポイントたまります。

さらにTマネーには、店ごとに「Tマネーチャージの日」というものがあります。

Tマネーチャージの日にお金をチャージすると、より多くのポイントを獲得可能です。

たとえば『TSUTAYA』では、毎週土曜日がTマネーチャージの日になっており、5,000円をチャージすると、5ポイントのTポイントがたまります。

そのチャージした5,000円分で買い物をすると、合計で40ポイントもゲットできます。

  • 5,000円分の買い物ポイント:25ポイント
  • Tマネー決済ポイント:10ポイント
  • Tマネーチャージの日のポイント:5ポイント
  • 合計:40ポイント

このように、Tマネーを活用すれば、通常より多くのポイントがゲットできます。

ぜひ活用してみてください。

(出典:T-POINT/T-CARD|Tマネーとは)

(出典:T-POINT/T-CARD|お得なお知らせ)

Tポイントは賢くためて、おトクにつかおう

提携先が多いTポイントは、ためやすくつかいやすいポイントサービスとして人気です。

使い道はたくさんあり、現金と同様に買い物や支払いにつかうだけでなく、現金や商品との交換や、投資をすることもできます。

Tポイントは、ポイントをTポイントにまとめることや、クレジット機能付きのTカードを活用することで、効率よくたまります。

また、『エバーグリーン』の「プレミアムポイントプラン(Tポイント)」なら、毎月の電気代の支払いで、Tポイントがためることができます。

電気代もおトクに設定されていますので、この機会にぜひご検討ください。

エバーグリーンの公式ホームページはこちら

【ご注意事項】
・当ホームページに掲載されている事項は、株式投資、FX、暗号資産、不動産投資、投資信託のご案内等のほか、投資信託および投資一般に関する情報の提供を目的として当社が作成したものであり、勧誘を目的としたものではありません。
・当ホームページは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません。
・当ホームページは特定銘柄および株式市場全般の推奨や株価動向の上昇または下落を示唆するものではありません。
・当ホームページ中のいかなる内容も将来の運用成果または投資収益を示唆あるいは保証するものではありません。
・最終的な投資決定はお客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。

一覧に戻る