ケミカルリサイクルとは?リサイクルの仕組みやマテリアルリサイクルとの違いを解説

2022年01月05日

廃プラスチックの処理問題が深刻化している昨今では、ケミカルリサイクルが注目されています。環境問題解決に大きく貢献するリサイクル方法ですが、仕組みがいまいち分からないという方も多いのではないでしょうか。今回は、ケミカルリサイクルの特徴や仕組み、ほかのリサイクル方法との違いなどを解説します。

環境にも家計にも優しい、エバーグリーンの「CO₂フリープラン」

『エバーグリーン』は、東証一部上場のイーレックスグループの一員で、電力事業20年以上の実績がある老舗の新電力です。

エバーグリーンの「CO₂フリープラン」に加入すると、電気を使用したときのCO₂排出量が実質ゼロになります。

また料金もおトクに設定されており、環境だけでなく、家計にも優しいのが特徴です。

CO₂フリープランの詳細はこちらからご覧いただけます。

ケミカルリサイクルとは?

ケミカルリサイクルとは、廃プラスチックをさまざまな手法で科学的に分解し、製品の原料などに再利用することです。

ケミカルリサイクルの手法には、下記のような種類があります。

  • 原料・モノマー化:廃プラスチックを原料やモノマーに戻して再利用
  • 高炉原料化:廃プラスチックを高炉で還元剤として再利用
  • コークス炉化学原料化:廃プラスチックを製鉄所のコークス炉などで再利用
  • ガス化:廃プラスチックをガスにして化学工業で原料として再利用
  • 油化:廃プラスチックを油に戻して再利用

国内の廃プラスチックの総排出量は、2019年時点で850万トンほどです。

そのうち、全体の3%にあたる27万トンの廃プラスチックをケミカルリサイクルで処理しています。

廃プラスチックの処理問題が世界中で深刻化している昨今で、ケミカルリサイクルは地球環境にやさしいリサイクル方法のひとつとして注目されています。

マテリアルリサイクル・サーマルリサイクルとの違いは?

EG_236_2.jpg

ケミカルリサイクルと同様に、資源をリサイクルできる方法として「マテリアルリサイクル」と「サーマルリサイクル」があります。

これらのリサイクル方法は、一体どのような違いがあるのでしょうか。

ここでは、それぞれのリサイクル方法の特徴を解説します。

マテリアルリサイクルとは

マテリアルリサイクルは、廃プラスチックをプラスチックのまま原料にし、新たな製品を作るリサイクル方法のことです。

マテリアルは英語で「物」という意味で、その名の通り、物から物へリサイクルすることを指します。

廃プラスチックに混ざったごみなどを取り除き、細かく粉砕して洗ったものや、高熱で溶かした後に粒のように加工したものを原料にし、さまざまな製品へ再利用されます。

しかし、この方法で作られた原料は衛生面やニオイなどの課題があり、飲料用のペットボトルには再利用されていません。

一方、そうした問題を科学的方法でクリアしたケミカルリサイクルなら、使用済みのペットボトルから新たな飲料用ペットボトルを作ることができます

サーマルリサイクルとは

サーマルリサイクルは、廃棄物を焼却する際に発生する「熱エネルギー」を回収して利用するリサイクル方法です。

回収された熱エネルギーは、温水プールなどに活用されています。

ケミカルリサイクルの課題・問題点

EG_236_3.jpg

ケミカルリサイクルは環境負荷を大きく軽減できるリサイクル方法のひとつであり、ケミカルリサイクルによって処理される廃プラスチックの量は増えています。

しかし今後もケミカルリサイクルリサイクルによる処理量を増やしていくためには、下記のような課題があります。

  • 廃プラスチックを安定的に確保すること
  • プラスチック添加物の処理技術の課題
  • コストの問題

プラスチックには難燃剤などの添加物がついています。

難燃剤が使われたプラスチックを焼却すると、ダイオキシンなどの有害ガスが発生するため、適切に処理する必要があります。

環境汚染につながらないためにも、プラスチック添加物の処理技術の確立は課題のひとつです。

またケミカルリサイクルをするためには、設備が必要になります。

現状、設備が大型になることや、また、鉄鋼業や石化コンビナートに隣接する形で局地的に建設されているため、設備投資額や輸送コストが高くなりやすく、経済面の改善も課題となっています。

環境問題解決のために、私たちができることは?

EG_236_4.jpg

ここまでケミカルリサイクルについてお伝えしてきましたが、環境問題を解決するために、私たちが個人でできることはあるのでしょうか?

ここでは、自分たちで取り組める、環境問題解決のためのアクションをご紹介します。

プラスチックごみを出さない生活を心がける

ケミカルリサイクルは環境問題を解決する有効な方法のひとつですが、まずはそもそも廃プラスチックの量を減らすことが重要です。

そのため私たち個人としては、日々の生活の中でプラスチックごみを減らす行動が大切になります

たとえば普段からマイバッグを持参したり、タッパーを活用してラップの使用頻度を減らすこともできるでしょう。マイスプーンやマイボトルを持ち歩くのも良いアクションです。

こうした一つひとつの小さな行動で、プラスチックごみを削減できます。

とはいえ、完全にプラスチックごみを出さない生活を送るのは難しいのが現状です。

そんなときは、家庭で出るプラスチックごみをしっかり分別することを心がけましょう

普段の生活で出るプラスチックごみは、きちんと分別すればリサイクルの資源として活用できます。

日本のプラスチックのリサイクル率は27.8%で、まだまだ改善の余地があります。一人ひとりがしっかり分別することでリサイクルが進み、結果として廃プラスチックを減らすことができるでしょう。

環境にやさしいエネルギーを選ぶ

環境問題を解決するためには、私たちの生活で欠かせない「電気」の見直しも大切な行動です。

現在主流の火力発電では、発電時にCO₂(二酸化炭素)が多く発生します。

CO₂が増えすぎると地球温暖化につながるため、そのことが問題視されています。

地球環境を守るためにはCO₂が発生しないエネルギーを選ぶことが重要であり、そこで注目を集めているのが、再生可能エネルギーです。

再生可能エネルギーは、太陽光や風、バイオマスなどをエネルギー源としています。

火力発電のように化石燃料を燃やすことがないことから、発電時にはCO₂が発生しません。(もしくは増やしません。)

しかし、風力発電で電気を作りたいからといって、自宅に風車を設置するのはあまり現実的ではありません。

また、太陽光パネルの設置は可能ですが、コストがかかります。

そこでおすすめしたいのが、再生可能エネルギーを積極的に扱う電力会社を選ぶことです。

そうすれば、私たち個人でも、手軽にクリーンなエネルギーを選択することができます。

『エバーグリーン』のCO₂フリープランで環境にやさしい暮らしを

EG_236_5.jpg

今では再生可能エネルギーを積極的に扱う電力会社が増えました。

新電力の『エバーグリーン』も、そのうちのひとつです。

エバーグリーンは下記のような電力会社です。

  • 東証一部上場のイーレックスグループの一員
  • 電力事業20年以上の実績がある老舗の新電力
  • 沖縄と一部離島を除く、日本全国どこからでも申し込み可能

エバーグリーンにはユニークな電気プランがいくつかありますが、環境問題に関心がある方に注目してほしいのが、「CO₂フリープラン」です。

エバーグリーンの「CO₂フリープラン」に加入すると、家庭の電力使用によるCO₂排出量が実質ゼロになります。

このプランに切り替えることで削減できるCO₂排出量は、一般的な家庭で、杉の木約130本が一年間に吸収する量に相当します。

※ 300kWh/月×12か月×0.496kg-CO₂/kWh(平成29年度全国平均係数)より算出
※ 杉の木一本当たりの年間吸収量14kg-CO₂/年と想定(環境省資料より)

CO₂フリープランに切り替えるだけで、環境問題の解決へ大きく貢献できるのです。

また、エバーグリーンのCO₂フリープランは、電気代もおトクに設定されています。

たとえば東京エリアにお住まいの4人家族の場合だと、電気代は以下のようになります。

【4人家族(40A・月間450kWh使用)の場合】
大手電力会社:月額12,882円
エバーグリーンのCO₂フリープラン:月額12,626円
→エバーグリーンの方が、月額256円、年間3,072円おトク

※東京エリア、東京電力従量電灯Bとの比較 
※2021年12月1日現在

エバーグリーンは、初期費用・契約手数料、解約違約金がかかりません。(あるく・おトク・でんきを除く)

また、お申し込みはWebから5分程度で完了します。

エバーグリーンについて、そしてCO₂フリープランについてもっと詳しく知りたいという方は、ぜひ一度公式ホームページをご覧ください。

『エバーグリーン』の公式ホームページはこちら

できることから、環境にやさしい選択をはじめよう

ケミカルリサイクルは、科学の力を使ってさまざまな手法で資源を再利用できるリサイクル方法です。

環境問題解決に大きく貢献するケミカルリサイクルですが、課題も存在しています。

環境問題を解決するには、ケミカルリサイクルだけでなく私たちの行動も大切です。

プラスチックごみを減らす行動をしたり、環境に優しいエネルギーを選ぶなど、できることからはじめましょう。

『エバーグリーン』の公式ホームページはこちら

(出典)

一覧に戻る