温室効果ガスが増える原因は?温室効果ガスを減らすために手軽に取り組める方法もご紹介

2021年09月30日

地球温暖化に影響を与えると言われている温室効果ガスですが、なぜ増えてしまうのでしょうか?この記事では、温室効果ガスが増える原因や、温室効果ガスの排出量を減らすためにできることなどをご紹介します。

温室効果ガスとは?

地球温暖化などの話題で、温室効果ガスという言葉をよく聞くようになりました。

温室効果ガスとは、大気中に含まれる二酸化炭素やメタンなどのガスのことです。

温室効果ガスには、太陽から放出される熱を地球に閉じ込めて地表を温める働きがあり、これによって世界全体の平均気温が約14℃に保たれています。

もし温室効果ガスがなくなると、地球の表面温度はマイナス19℃になるといわれています。

地球温暖化の原因とも言われている温室効果ガスですが、私たちが生きていくために重要な存在でもあり、適量を保つことが重要です。

(出典:気象庁|温室効果とは)

温室効果ガスの種類

温室効果ガスの種類には、以下のようなものがあります。

  • 二酸化炭素
  • メタン
  • 一酸化二窒素
  • フロン類

わたしたちにとって一番身近なのは、二酸化炭素でしょう。

二酸化炭素は、化石燃料やプラスチックなどを燃やす際に空気中に排出されます。

メタンは、家畜がゲップをしたときや、天然ガスを採掘するときなどに発生しています。

一酸化二窒素は、窒素肥料を使用することや、工業活動によって排出されるガスです。

フロンガスは、自然界には存在しない、人間が生み出した物質です。

冷蔵庫やエアコンの冷媒として急速に利用が拡大しましたが、オゾン層を破壊する原因のひとつとされ、今は製造や輸入が規制されています。

【関連記事】オゾン層が破壊されたらどうなる?破壊の原因や現状、保護するための取り組みを解説

(出典:東京新聞|メタンは牛のげっぷだけじゃない CO2に次ぐ温室効果ガス、濃度上昇にアジアが影響<地球異変>)

(出典:宮崎県 環境学習ナビ|温室効果ガスとは)

(出典:経済産業省|(1)フロンとは)

温室効果ガスの排出量について

温室効果ガスの中で最も排出量が多いのは、二酸化炭素です。

2010年における人為起源の温室効果ガスの排出量のうち、76%が二酸化炭素でした。

【人為起源の温室効果ガスの排出量割合(2010年)】

  • 二酸化炭素:76.0%
  • メタン:15.8%
  • 一酸化二窒素:6.2%
  • フロン類:2.0%

二酸化炭素の排出量は、国によって異なります。

2018年で一番多かったのは中国で、世界全体の二酸化炭素排出量の内の28.4%を占めています。

2番目に多いのはアメリカで全体の14.7%、3番目はインドで全体の6.9%という結果でした。

日本は5番目に多く、排出割合は世界全体の3.2%です。

(出典:気象庁|温室効果ガスの種類)

(出典:JCCCA 全国地球温暖化防止活動推進センター|データで見る温室効果ガス排出量(世界))

温室効果ガスが増える原因は?

EG_184_2.png

先ほど触れた通り、温室効果ガスの多くは二酸化炭素が占めています。

二酸化炭素が増えている主な原因として、下記の2つが考えられます。

  • 化石燃料の消費
  • 森林の減少

石油や石炭、天然ガスなどの化石燃料は、私たちの生活の多くの場面で使われている資源です。

電気を作るとき、商品を製造するとき、ゴミを処分するときなど、ありとあらゆるシーンで使用され、そのたびに二酸化炭素が発生しています。

また、森林の減少も大気中の二酸化炭素が増える要因のひとつです。

植物は光合成をする際に二酸化炭素を吸収します。

しかし森林の減少によってその効果が減ると、大気中に存在する二酸化炭素が増加することにつながります。

2016年に公表されたデータによると、1990年には41.28億haあった世界の森林面積が、2015年には39.99億haに減少しました。

1990年から2015年の間に失われた森林面積1.29億haは、南アフリカの国土の大きさに相当するほどの規模です。

このように森林の減少は現在進行形で深刻化しており、世界中で問題視されています。

【関連記事】森林破壊の原因とは?現状や影響、食い止めるために私たちができることを解説

(出典:独立行政法人環境再生保全機構|排出物質:二酸化炭素 (にさんかたんそ))

(出典:環境省|国際的な森林保全対策)

温室効果ガスの排出量を減らすためにできること

EG_184_3.png

温室効果ガスを削減するための行動は、日々の生活の中で手軽に取り入れることができます。

ここでは、わたしたちが今すぐに取り組める方法を3つご紹介します。

  • 省エネに取り組む
  • 公共の乗り物を積極的に利用する
  • エコな電気を使う

省エネに取り組む

先ほどご紹介した通り、電気を作るときにも多くの二酸化炭素が排出されます。

そのため、省エネに取り組んで電気の使用量が減れば、温室効果ガスの発生量を削減することにつながります。

家庭でできる省エネ行動には、以下のようなものがあります。

  • 使っていない部屋の電気を消す
  • 家電の主電源をこまめに切り待機電力を減らす
  • 冷暖房の設定温度を適切な温度にする
  • 照明の電球をLEDなどに変える

上記の通り、とても簡単な行動で電気の使用量を減らすことが可能です。

どれか一つだけでも良いので、まずはできることから取り組んでみてください。

【関連記事】電気代を節約する2つの方法!効果的な節約術のポイントを詳しく解説

公共の乗り物を積極的に利用する

移動するときは自家用車の代わりに公共の乗り物を利用するようにしましょう。

電車やバスなどの公共の乗り物は、一度に多くの人を運べるので、一人ひとりが自家用車で移動するよりも、一人当たりの温室効果ガスの排出量を抑えられます。

ただ、暮らしている地域や家庭の事情などにより、自家用車を全く使わずに生活するのは難しい場合もあると思います。

まずは生活に大きな支障が出ない程度に、できるだけ公共交通機関で移動するようにしましょう。

エコな電気を使う

エコな電気を選ぶことも、温室効果ガスの排出削減に大いに役立ちます。

エコな電気とは、太陽光や風力、バイオマスなどの再生可能エネルギーのことを指します。

再生可能エネルギーは、温室効果ガスを排出せず(もしくは増加させず)に発電でき、資源が枯渇しないことから、世界中で注目されているエネルギーです。

今ではさまざまな電力会社があり、積極的に再生可能エネルギーを扱っている会社も登場しています。

そのような電力会社を選ぶことも、地球温暖化の防止につながります。

エバーグリーンの「CO₂フリープラン」なら温室効果ガスの削減に貢献できる

EG_184_4.png

エコな電気を選ぶといっても、どうすれば良いのか分からない、という方もいると思います。

そんな方は、『エバーグリーン』の「CO₂フリープラン」を選択肢の候補に加えてみませんか?

『エバーグリーン』は東証一部上場のイーレックスグループの一員です。

親会社である『イーレックス』は、国内トップクラスのバイオマス発電事業者として、エコな電気の供給に取り組んでいます。

エバーグリーンは、そんなイーレックスグループの一員として、電気の小売りをしている会社です。

イーレックスのバイオマス発電所などから、安定した電力調達を実現しています。

電力事業は20年以上の実績があり、電気契約数は18万件を超えました。

対応エリアは広く、沖縄と一部離島を除く日本全国の家庭に電気をお届けしています。

CO₂の排出量が実質ゼロに

エバーグリーンにはユニークなプランが揃っていますが、そのうちのひとつが「CO₂フリープラン」です。

CO₂フリープランに加入すると、電力を使用したときのCO₂排出量が実質ゼロになります。

このプランで削減できる年間CO₂排出量は1785kg-CO₂で、これは杉の木約130本が1年間に吸収する量に相当します。

※ 300kWh/月×12か月×0.496kg-CO₂/kWh(平成29年度全国平均係数)より算出
※ 杉の木一本当たりの年間吸収量14kg-CO₂/年と想定(環境省資料より)

家計にも優しい料金設定

CO₂フリープランは電気料金もおトクに設定されています。

東京にお住まいの家庭を例にあげると、電気代は以下のようになります。

【2人家族の場合(30A:月間310kWh使用)】
大手電力会社:月額8,316円
エバーグリーンのCO₂フリープラン:月額8,193円
→エバーグリーンの方が、月額123円、年間1,476円おトク

【4人家族の場合(40A:月間450kWh使用)】
大手電力会社:月額12,882円
エバーグリーンのCO₂フリープラン:月額12,626円
→エバーグリーンの方が、月額256円、年間3,072円おトク

【5人家族の場合(50A:月間540kWh使用)】
大手電力会社:月額15,919円
エバーグリーンのCO₂フリープラン:月額15,579円
→エバーグリーンの方が、月額340円、年間4,080円おトク

※東京エリア、東京電力従量電灯Bとの比較
※2021年10月1日現在

このように、地球だけでなく、家計にも優しいのがこのプランの特徴です。

CO₂フリープランについてもっと詳しく知りたいという方は、ぜひ一度エバーグリーンの公式ホームページをご覧ください。

エバーグリーンの公式ホームページはこちら

温室効果ガスの削減に取り組もう

温室効果ガスは地表の温度を保つために必要ですが、量が多すぎると地球温暖化につながります。

現在は経済活動の影響などにより、温室効果ガスの排出量が多い状態です。

地球環境やわたしたち自身のために、温室効果ガスの削減に取り組みましょう。

温室効果ガスを削減するためにできることは、決して難しいことばかりではなく、省エネを意識するなど、手軽に取り組めるものもあります。

また、エコな電気を選ぶこともひとつの方法です。

エバーグリーンのCO₂フリープランなら、地球温暖化防止に貢献でき、しかも電気代が今よりおトクになるかもしれません。

ぜひこの機会に、CO₂フリープランをご検討ください。

エバーグリーンの公式ホームページはこちら

一覧に戻る