電気代の平均をチェック!自宅の電気代と比べて節約を始めよう

2021年09月30日

毎月発生する電気代は、できれば節約したい費用でしょう。節約をするためには、まず電気代の平均がどのくらいかを知ることが大切です。今回は電気代の平均金額や節約するコツを紹介します。

電気代の平均はどのくらい?

自分の家の電気代が高いのか安いのかを確認するためには、世間一般の平均額を知ることが大切です。

ここでは、世帯人数別や季節別など、さまざまな切り口で電気代の平均額を見ていきましょう。

世帯人数別の電気代平均

電気代が変化する要因のひとつが世帯人数です。

一般的に世帯人数が多いほど、電気使用量が増えるので、電気代も比例して高くなります

以下は、2020年の世帯人数別の平均電気代(1ヶ月あたり)です。

1人 5,791円
2人 9,515円
3人 10,932円
4人 11,788円
5人 12,471円
6人以上 16,003円

(出典:政府統計|家計調査|家計収支編|世帯人員・世帯主の年齢階級別 2020年(令和2年))

一人暮らしの世帯が最も安く、世帯人数に比例して電気代が上がっています。

ご家庭の世帯人数と照らし合わせながら、上記の平均値と比較してみてください。

季節ごとの電気代平均

季節によっても、電気の消費量は変化します。

日照時間や気温の差によって、照明や電化製品の使用時間が異なるためです。

以下は、2020年における、二人以上世帯の四半期ごとの平均電気代(1ヶ月あたり)です。

2020年1~3月 12,845円
2020年4~6月 10,603円
2020年7~9月 9,817円
2020年10~12月 9,418円

(出典:政府統計|家計調査|家計収支編|二人以上の世帯 2020年(令和2年)四半期)

気温が低く日照時間が短い1~3月の冬が、最も平均電気代の高い季節です。

ただし、日照時間や気温などは地域によって異なるので、あくまで平均として捉えましょう。

月別の電気代平均

季節ごとの電気代の平均を紹介しましたが、さらに細かく分けて、二人以上の世帯の月別の電気代の平均を見ていきましょう。

2020年1月 12,232円
2020年2月 13,201円
2020年3月 13,100円
2020年4月 12,117円
2020年5月 10,541円
2020年6月 9,153円
2020年7月 8,585円
2020年8月 9,661円
2020年9月 11,206円
2020年10月 10,152円
2020年11月 8,965円
2020年12月 9,137円

(出典:政府統計|家計調査|家計調査報告(二人以上の世帯)2020年(令和2年)1~12月分)

1~4月までが12,000円以上で、比較的電気代の高い月となっています。

6~8月はエアコンなどを使うものの、冬より電気代が低くなっています

こちらも気候条件は地域によって差がありますので、目安として捉えつつ、ご家庭の電気代と比較してみましょう。

地域別の電気代平均

最後に、地域別の電気代平均をご紹介します。

以下は、2020年の電気代平均(1ヶ月あたり)を地方別にまとめたものです。

北海道地方 10,382円
東北地方 10,048円
関東地方 8,533円
北陸地方 10,324円
東海地方 9,300円
近畿地方 8,598円
中国地方 9,548円
四国地方 10,140円
九州地方 8,412円
沖縄地方 8,247円

(出典:政府統計|家計調査 家計収支編 総世帯)

電気代を節約するコツ

EG_193_2.jpg

電気代が一般的な平均よりも上回っていた方は、節約して電気代を下げたいと思われたかもしれません。

ここでは電気代を節約する3つのコツをご紹介します。

電化製品の使い方を見直す

まずは電化製品の使い方を見直しましょう。

主な電化製品の節約方法は以下の通りです。

  • エアコン:フィルター掃除をこまめにする、オン・オフは最低限にする
  • テレビ:画面の明るさや音量を適度に調節する
  • 掃除機:使用時間が減るように、あらかじめ部屋を片付けてから掃除機をかける
  • 冷蔵庫:季節によって設定温度を調節する、無駄な開閉をしない、開けている時間は最小限にする
  • 照明:LED電球に取り替える

各家電の節約方法は下記の記事でもご紹介していますので、ぜひご覧ください。

【関連記事】電気代を節約する2つの方法!効果的な節約術のポイントを詳しく解説

(参照:東京都|家庭の省エネハンドブック 2021|P11~14)

(参照:東京都|家庭の省エネハンドブック 2021|P15)

電化製品を最新のものに買い替える

10年前などに購入した古い家電を使い続けている場合は、最新の家電に比べて電気代が多くかかっているかもしれません。

最新の家電は、古い家電より省エネに配慮したものが増えており、買い替えるだけでも電気代が安くなるケースが多いです。

新しい家電に買い替えるときは、省エネ基準達成率やAPF(通年エネルギー消費効率)などの数値に注目しましょう。

どちらも数値が高いほど省エネ性能が優れており、より電気代の節約を期待できます。

(出典:資源エネルギー庁|統一省エネラベル)

契約アンペアを再検討する

電気料金プランには「アンペア契約」や「制定料金制」などの種類があります。

アンペア契約の場合、電気代に含まれる基本料金は、契約アンペア数が大きいほど高く設定されているのが一般的です。

そのため、もし不必要に高いアンペア数で契約していると、無駄な費用を支払っていることになります。

現在契約しているアンペア数が適切かどうか、見直してみると良いでしょう。

【関連記事】ブレーカーが落ちる原因と復旧をわかりやすく解説!日頃から落ちない工夫をしてみよう

『エバーグリーン』に切り替えると電気代が安くなるかも

EG_193_3.jpg

電気代を節約したいなら、電力会社を切り替えるのもおすすめです。

電力会社を見直すことによって、家庭全体の電気代が安くなる可能性があります。

しかし今ではたくさんの電力会社が存在し、どの会社が良いのかわからないという人もいると思います。

そんな方は、新電力『エバーグリーン』を候補に入れてみませんか?

『エバーグリーン』は、電力事業20年以上の新電力会社です。

東証一部上場の『イーレックスグループ』の一員で、電気契約者数は18万件を突破しました。

エバーグリーンの特徴は、電気を使うほど電気代がおトクになるよう設定されていることです。

たとえば下記は、東京にお住まいの家族の電気代です。

【2人家族(30A:月間で310kWh使用)の場合】
大手電力会社:月額8,316円
エバーグリーン:月額7,909円
エバーグリーンの方が、月額407円、年間4,884円おトク

【4人家族(40A:月間で450kWh使用)の場合】
大手電力会社:月額12,882円
エバーグリーン:月額12,035円
エバーグリーンの方が、月額847円、年間10,164円おトク

【5人家族(50A:月間で540kWh使用)の場合】
大手電力会社:月額15,919円
エバーグリーン:月額14,789円
エバーグリーンの方が、月額1,130円、年間13,560円おトク

※東京エリア、東京電力従量電灯Bとの比較
※2021年10月1日現在

このように、使用する電気の量が増えるほど、電気代がおトクになります。

また『エバーグリーン』には、シンプルな通常プランに加えて、以下のようなユニークなプランが揃っているのも魅力です。

  • 「プレミアムポイントプラン」:電気使用料金に応じてTポイントやdポイントがたまるプラン
  • 「あるく・おトク・でんき」:歩数に応じて電気代が安くなるプラン
  • 「保険でんき」:個人賠償責任保険と電気がセットになったプラン
  • 「CO₂フリープラン」:電力使用によるCO₂排出量が実質ゼロになるプラン

エバーグリーンについて詳しく知りたいという方は、ぜひ一度エバーグリーンの公式ホームページを覗いてみてください。

『エバーグリーン』の公式ホームページはこちら

電気代の平均を理解して節約を始めよう

電気代の平均は、自宅の電気代が高いか安いかを判断する基準のひとつです。

この記事でご紹介した世帯人数別、季節別、地域別などさまざまなデータを参考にして、ご家庭の電気代と比較してみましょう。

平均よりも電気代が高くなってしまっている場合、節約できる可能性が高いです。

電化製品の使い方を見直したり、古い家電を買い替えたりすると、効果的に電気代をカットできますので、できることから取り組んでみてください。

また、電力会社の切り替えも電気代の節約に有効です。

これを機に、電気をたくさん使うほどおトクになる『エバーグリーン』をぜひ一度ご検討ください。

『エバーグリーン』の公式ホームページはこちら

一覧に戻る