水道代の平均はどのくらい?世帯人数別・地方別平均や節約法を解説

2021年10月28日

この記事では、水道代の平均額を、世帯人数別・季節別・地方別にご紹介します。また、水道代を節約する方法や、水道代と合わせて行いたい電気代の節約方法まで解説していますので、ぜひチェックしてみてください。

水道代の平均額

さっそく、水道代の平均額を見ていきましょう。

ここでは、世帯人数別・季節別・地方別の平均額をご紹介します。

世帯人数別平均

まずは世帯人数別の水道代です。

2020年の1ヶ月あたりの平均額は、以下の通りです。

1人 2,172円
2人 4,255円
3人 5,528円
4人 6,298円
5人 6,737円
6人~ 8,836円

(出典:政府統計|家計調査|家計収支編|世帯人員・世帯主の年齢階級別 2020年(令和2年))

1人暮らしの世帯が最も安く、6人以上の世帯が最も高くなっています。

家族の人数が多いと水の使用量も増えることが一般的なので、その結果が反映されているといえるでしょう。

季節別

続いて、季節別の水道代の平均額(1ヶ月あたり)を見てみましょう。

2020年1~3月 5,148円
2020年4~6月 5,285円
2020年7~9月 5,170円
2020年10~12月 5,416円

1年間を通してそこまで大きな差はありませんが、10~12月の秋から冬にかけての季節が水道代が高くなる時期になっています。

(出典:政府統計|家計調査|家計収支編|二人以上の世帯 2020年(令和2年)四半期)

地方別平均

最後は地方別の水道代です。

地方別に見た場合、​​2020年の1ヶ月あたりの平均額は、以下のようになっています。

北海道地方 4,348円
東北地方 4,821円
関東地方 4,221円
北陸地方 4,680円
東海地方 3,999円
近畿地方 3,954円
中国地方 4,271円
四国地方 3,828円
九州地方 4,040円
沖縄地方 3,391円

(出典:政府統計|家計調査|家計収支編|都市階級・地方・都道府県庁所在市別 2020年(令和2年))

沖縄地方が最も安く、東北地方が最も高いという結果が出ています。

エリア別に水道料金自体が異なっていることもありますが、気候などによって水の使い方が変わることも関係するでしょう

水道代はどうやって計算されている?

EG_203_2.jpg

水道代の内訳には、一般的に下記の2つがあります。

  • 上水道代(基本料金+従量料金)
  • 下水道代(基本料金+従量料金)

「基本料金」は、水道の使用の有無に関わらず、必ず発生する料金です。

自宅に引き込まれている水道管の太さ(口径)が太くなるほど、基本料金が高く設定されています。

「従量料金」は、使用した水の量に応じてかかる料金になります。

(出典:東京都水道局|水道料金・下水道料金の計算方法(23区))

水道代を節約する方法

EG_203_3.jpg

水道代が平均よりも高い場合、節約できる余地があります。

ここでは、水を使う場所ごとに節約方法をご紹介します。

お風呂での節約方法

お風呂は家庭の中でもっとも水の使用量が多い場所です。

そのため水道代を節約したいなら、まずはお風呂の使い方から見直しましょう。

まず意識したいのは、シャワーの出しっぱなしを減らすことです。

身体や髪を洗っているときはその都度シャワーを止めましょう。

また、節水機能のあるシャワーヘッドに取り替えるのもおすすめです。

浴槽にお湯を溜めて入る習慣がある人は、回数を少し減らすと節水になります。

浴槽1杯分の水は約200Lほどなので、毎日お湯を溜めている場合、それを2日に1回にするだけでも、月に約3,000Lもの節水が可能です。

(出典:東京都水道局|水の上手な使い方)

キッチンでの節約方法

キッチンでは、「溜め洗い」を意識しましょう。

食器洗いをするときには水を多く使います。

水を出しっぱなしにして流しながら洗うと、無駄な水を使ってしまうので、溜め洗いをすることで節水が期待できます。

食器の量が多くて洗うのに時間がかかる場合は、食洗機を導入すると良いでしょう。

最新の食洗機は節水機能が優れているものが多く、手で洗うよりも水の使用量を抑えられる可能性もあります。

トイレでの節約方法

トイレで水を流すときに、「大」と「小」をしっかり使い分けましょう。

水量が多い「大」をいつも使用していると、無駄な水道代がかかってしまいます。

「大」ではなくても十分なときは、「小」を使って水量を抑えましょう。

洗濯での節約方法

洗濯の回数が増えるほど、水の使用量が多くなるので、なるべく回数を抑えるのがポイントです。

できるだけまとめて洗濯をすると水を節約できます。

お風呂の残り湯を洗濯に使用するのもおすすめです。

お風呂の水を有効活用でき、余分な水道代をカットできます。

洗濯機を長く使っている場合は、節水に配慮した最新洗濯機に買い替えるのも節水方法のひとつです。

水道代とあわせて電気代を節約しよう

EG_203_4.jpg

水道代と同様に家計の負担になるのが、電気代です。

特に冬は電気代が高くなる傾向にあり、請求額の高さに驚いた経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

ここでは電気代を節約する方法をご紹介します。

電気代を節約する方法

電気代を節約するために、まずは無駄な電気を使わないことを心がけましょう。

必要ないときは照明をこまめに消したり、長期間使わない家電は電源を抜いたりするだけでも、無駄な電力を節約できます。

家電の使い方もポイントです。

たとえばエアコンの場合、設定温度によって消費電力が大きく異なります。

そのため温度を適切に設定すると、それだけで電気代の節約につながります。

各家電の電気代の節約法については、下記の記事でも詳しくまとめています。

もっと知りたい方はぜひチェックしてみてください。

【関連記事】電気代を節約する2つの方法とは?節約術のポイントを解説

電気代の節約には電力会社の切り替えが効果的!

電力会社を切り替えることも、電気代の節約に効果的です。

電力会社を切り替えて電気料金そのものが安くなれば、家庭の電気代が丸ごと下がるかもしれません。

今ではさまざまな電力会社がありますが、新電力『エバーグリーン』をご存知でしょうか?

エバーグリーンは、東証一部上場のイーレックスグループの一員で、電力事業20年以上の実績と経験があります。

エバーグリーンの特徴は、電気を使うほど電気代がおトクになることです。

また、下記のようなユニークなプランも揃っています。

  • 「プレミアムポイントプラン」:電気料金に応じてTポイントやdポイントがたまるプラン
  • 「あるく・おトク・でんき」:歩数に応じて電気代が安くなるプラン
  • 「保険でんき」:個人賠償責任保険と電気がセットになったプラン
  • 「CO₂フリープラン」:電力使用によるCO₂排出量が実質ゼロになるプラン

エバーグリーンについて詳しく知りたいという方は、ぜひ一度エバーグリーンの公式ホームページを覗いてみてください。

『エバーグリーン』の公式ホームページはこちら

水道代の平均を把握して節約を始めよう

今回は水道代の平均額を、世帯人数別・季節別・地方別にご紹介しました。

もしご家庭の水道代が平均を上回っている場合、お風呂やキッチンなど水の使い方を見直し、水道代の節約に取り組みましょう。

電気代も気になるという人には、電力会社の切り替えがおすすめです。

エバーグリーンをはじめ、今では特色のあるプランを打ち出している電力会社がたくさんあります。

ぜひこの機会に切り替えを検討してみてください。

『エバーグリーン』の公式ホームページはこちら

一覧に戻る