賃貸契約の初期費用はどれくらい?内訳や相場をご紹介

2022年03月31日

賃貸契約を行う際、敷金や礼金などさまざまな費用がかかります。また、新生活には何かと出費が発生するため、初期費用はできるだけ安く抑えたいところです。この記事では、賃貸契約の初期費用の内訳や相場、節約する方法まで詳しく解説します。

引っ越しは電気代を見直す絶好のタイミング!

『エバーグリーン』は、東証プライム市場上場のイーレックスグループの一員で、電力事業20年以上の新電力。

電気を使うほど電気代がおトクになるのが特徴で、沖縄と一部離島を除く日本全国に電気をお届けしています。

初期費用、契約手数料、解約違約金がかからないため、気軽にお申し込み可能です。(※ あるく・おトク・でんきを除く)

エバーグリーンの詳細はこちらからご覧いただけます。

賃貸契約の初期費用とは?

EG_271_2.jpg

賃貸物件で生活をする場合、契約する際にいろんな初期費用がかかります。

初期費用には以下のようなものがあります。

【初期費用の種類】

  • 敷金
  • 礼金
  • 前家賃
  • 仲介手数料
  • 火災保険料

敷金は、部屋を退去する際の原状回復に充てられるお金です。使用しなかったお金は退去時に返金されます。

礼金は、家を貸してくれる大家さんに対する謝礼金です。敷金とは違って、礼金は返金されません。

前家賃とは、契約する際に入居翌月の家賃を前払いするお金のことです。前家賃は、入居後に借主が家賃を支払わないといったトラブルを防ぐことが目的で設けられています。

仲介手数料は、物件の案内や契約手続きなど、契約者と物件の仲介をする不動産会社に支払う費用です。

火災保険料とは、契約するアパートで発生するかもしれない火事に備える火災保険の保険料です。

上記以外に、引っ越しにかかる費用や、家賃保証会社を利用する場合は保証料なども発生します。

賃貸契約の初期費用の相場

EG_271_3.jpg

先ほどご紹介した通り、賃貸物件の契約にはさまざまな初期費用がかかりますが、それぞれの相場はどのくらいなのでしょうか。

国土交通省が発表している「令和2年度 住宅市場動向調査」によると、下記のような結果が出ています。

  • 家賃:平均76,059円/月
  • 敷金:家賃1ヶ月分が最多(敷金が発生した世帯の60%が回答)
  • 礼金:家賃1ヶ月分が最多(礼金が発生した世帯の66.8%が回答)
  • 仲介手数料:家賃1ヶ月分が最多(仲介手数料が発生した世帯の73.2%が回答)

火災保険料は保険会社や物件により異なりますが、賃貸物件の場合1.5〜2万円程度が相場と言われています。

つまり、賃貸物件の初期費用の相場は、家賃の4〜5ヶ月分が目安と言えるでしょう。

家賃を平均額の​76,059円​と想定して計算すると、初期費用の目安は下記の通りです。

項目 金額
敷金 76,059円
礼金 76,059円
前家賃(1ヶ月分と想定) 76,059円
仲介手数料 76,059円
火災保険料 15,000~20,000円
合計 319,236~324,236円

(出典:国土交通省|令和2年度 住宅市場動向調査報告書)

賃貸契約の初期費用を節約する方法

EG_271_4.jpg

賃貸契約を結ぶ際は、上記の通り家賃の4〜5ヶ月分ほどの初期費用がかかります。

さらに引っ越し費用なども発生するため、初期費用はできる限り安く済ませたいところです。

そこでここでは、賃貸契約の初期費用を節約するための方法を5つご紹介します。

  • フリーレント物件を探す
  • 仲介手数料の安い不動産会社を探す
  • オフシーズンに入居する
  • 大家さんに交渉する
  • 引っ越し前に不用品を処分する

フリーレント物件を探す

フリーレント物件とは、入居してから一定期間家賃が発生しない物件です。一般的には1ヶ月から2ヶ月間のフリーレント期間を設定している場合が多く、その間の家賃を節約できます。

ただしフリーレント物件は、契約期間の縛りなど条件が設定されている場合が多いです。契約する前にをあらかじめ内容を確認しましょう。

仲介手数料の安い不動産会社を探す

先ほどご紹介した通り、不動産会社に支払う仲介手数料は家賃の1ヶ月分が相場です。

しかし、なかには家賃の0.5ヶ月分など、相場よりも安く設定している会社もあります。

初期費用を抑えたい人は仲介手数料の安い不動産会社を探しましょう。

オフシーズンに入居する

入学や入社を控える人が多い2~3月頃は、引っ越しの繁忙期です。

入居時期を調整できる場合は、上記以外のオフシーズンを狙って引っ越しをしましょう。

オフシーズンは入居者が少ないため、賃貸物件を貸し出す側は、敷金や礼金を0円に設定するなど、少しでも入居してもらいやすい条件を整える傾向があります。

また、引っ越し業者もオフシーズンの料金をリーズナブルに設定している場合が多く、オフシーズンに入居すれば初期費用全体を抑えることができます。

大家さんに交渉する

大家さんに初期費用の交渉をするのも方法のひとつです。敷金、礼金などの交渉ができれば、大幅に費用を節約できることもあります。

交渉を行う際は、繁忙期よりもやはりオフシーズンがおすすめです。

繁忙期は既に入居者が決まっていたり、大谷さんが交渉に対応する余裕がなかったりするため、あまり交渉に適していません。閑散期は、入居者を求めている時期であり、交渉が上手くまとまる可能性があります

引っ越し前に不用品を処分する

引っ越し業者に荷物の運搬を依頼する場合、荷物が多いほど費用が高くなってしまいます。費用を抑えるためには、不用品を処分して荷物を少なくするのがポイントです。

ゴミとして捨てる方法でも問題ありませんが、まだ使えるものはリサイクルショップやフリマアプリなどで売ると、不用品を処分しつつ資金を得られるのでおすすめです。

生活費を削減したいなら「固定費」に注目

EG_271_5.jpg

賃貸契約の初期費用はもちろん、生活をするためにもお金がかかります。

生活費をなるべく抑えたいなら、固定費に注目しましょう。

固定費とは、光熱費や通信費など毎月必ず発生する費用のことです。

固定費の中でも、光熱費は削減しやすい費用です。電気やガスの使い方を意識すれば、無駄な費用を抑えることができます。

電気代の節約にもっとも重要なのは、契約する電力会社です。

電気料金は電力会社ごとに異なりますので、料金の高い会社と契約してしまうと、毎月の電気代で家計が圧迫されてしまいます。

電力会社選びでお悩みの方におすすめしたいのが、新電力『エバーグリーン』です。

エバーグリーンは下記のような電力会社です。

  • 東証プライム市場上場のイーレックスグループの一員
  • 電力事業20年以上の実績がある老舗の新電力
  • 沖縄と一部離島を除く、日本全国に電気を供給
  • 初期費用、契約手数料、解約違約金がかからない ※あるく・おトク・でんきを除く

料金面の特徴は、電気を使うほど電気代がおトクになることです。

たとえば東京に住む家族を例にあげると、電気代は下記のようになります。

【2人家族(30A:月間で310kWh)の場合】
東京電力 従量電灯B:月額8,316円
エバーグリーン:月額7,909円
→エバーグリーンの方が、月額407円、年間4,884円おトク

【4人家族(40A:月間で450kWh)の場合】
東京電力 従量電灯B:月額12,882円
エバーグリーン:月額12,035円
→エバーグリーンの方が、月額847円、年間10,164円おトク

【5人家族(50A:月間で540kWh)の場合】
東京電力 従量電灯B:月額15,919円
エバーグリーン:月額14,789円
→エバーグリーンの方が、月額1,130円、年間13,560円おトク

※東京エリア、東京電力従量電灯Bとの比較
※2022年3月1日現在
※燃料調整額、再生可能エネルギー発電促進賦課金を除いた料金

上記の通り、年間で1万円以上もおトクになるケースもあるのです。

また、シンプルな通常プランに加えて、以下のようなユニークなプランが揃っています。

CO₂フリープラン
電力使用によるCO₂排出量が実質ゼロになるプラン

プレミアムポイントプラン(Tポイント)
電気料金に応じてTポイントがたまるプラン

プレミアムポイントプラン(dポイント)
電気料金に応じてdポイントがたまるプラン

保険でんき
個人賠償責任保険と電気がセットになったプラン

あるく・おトク・でんき
歩数に応じて電気代が安くなるプラン

エバーグリーンについてもう少し詳しく知りたい方は、ぜひ一度公式ホームページをご覧ください。電気代のシミュレーションもできます。

エバーグリーンのホームページはこちら >>

賃貸契約の初期費用をできるだけ抑えよう

賃貸契約には、敷金や礼金、前家賃などの初期費用が発生します。

初期費用の目安は家賃の4〜5ヶ月分と決して安くはないので、なるべく抑えたいところです。

フリーレント物件や仲介手数料の安い不動産会社を探すなど、初期費用を削減できる方法はありますので、ぜひ取り入れてみてください。

また、賃貸契約後は生活費も発生します。

電気代を節約するなら電力会社選びが重要です。良い会社が見つかれば、毎月の家計に余裕が生まれるでしょう。

『エバーグリーン』なら、電気を多く使うほど電気代が安くなります。気になる方は、ぜひ一度エバーグリーンの公式ホームページをご覧ください。

エバーグリーンのホームページはこちら >>

(出典:国土交通省|令和2年度 住宅市場動向調査報告書)
(出典:SUUMO|賃貸契約に必要な初期費用の相場はどのくらい? 安くする方法は? 分割はできる?)

一覧に戻る

Webサイト上に記載されているプランの一部に、新規でのお申込み受付を制限している場合がありますので、ご注意ください。